不用な家具を賢くお得に処分する方法とは?

急な転勤や引っ越し等に伴い、家具の買い替えや模様替え、必要なくなった家具は出来る限り早く処分したいですよね。実は、ただ処分するだけではなく、不要な家具も、買い取ってもらってお金に変えることができるんのをご存じでしょうか。処分費用等をできるだけかけずにリサイクルする方法をお伝えしていきます。

1.ネットのフリマやオークションサイトを利用し、売る

わかりやすい写真をより多く載せ、家具の状態などの丁寧な説明をつけることでオークションで高値をつけることができます。購入時期や、傷の有無はなるべく正確に書いたほうが信頼され、落札されやすいものです。

ただし、いつ売れるかは分からないので、処分をお急ぎの方にはおすすめできません。また、テーブルや棚のような大型家具は、発送するのが大変ですし、送料が高くなるのは必然のため、落札されない可能性があります。そのため、ネットを使った処分は、大型家具のリサイクルには不向きかもしれません。

2.友人や親族、近所の欲しい人に譲る

家具が無料でもらえたら、ぜひ欲しいという人は一人暮らしをはじめた若い人を中心に多くいるものです。車があれば、家具の運搬もスムースです。スーパーや自治会の掲示板や、ネット掲示板など、無料で欲しい人を探せるサービスも利用してみましょう。

3.市町村の粗大ごみ回収サービスを利用する

ネットや電話で申し込みをして、住んでいる自治体に粗大ごみとして回収してもらうという方法もあります。

地域によって異なりますが、コンビニ等で購入した粗大ゴミ処理券を貼った家具を、収集日当日の朝8時までに玄関前や敷地の入り口等(集合住宅の場合は粗大ゴミ置き場や1階共有玄関前の敷地等)わかりやすところに出しておくと回収しに来てくれます。立ち会う必要はありませんが、処理券の料金不足等があると回収してくれないので、注意が必要です。地域によっては、長さが約1m80cm以上のものは切断しなければならなかったり、2人作業で搬出できない重さや大きさのものは収集してくれないこともあります。

また、粗大ごみ処理券は品物により2000~3000円程かかり、まだ使用できる家具の場合には勿体ないので、他のリサイクル方法を検討された方がいいかもしれません。

4.リサイクル業者に不用な家具を買取りしてもらう

リサイクルショップなどの持ち込み買い取りもありますが、その場合、自分でお見せまで運ぶ必要があります。査定後、買取ができない場合、再度自宅まで持って帰ってくる、結局、粗大ゴミ処分に出さなければならないというリスクがあります。

一方、弊社のような出張買取は、複数点ある場合も、買い取りから無料引き取り、不用品処分までワンストップでお願いできるので便利です。その場で不用な家具が現金に代わります。家具をリサイクルする様々な方法がありますが、オススメはワンストップで処分・リサイクルのできる家具買取業者に依頼する方法です。

引越しなどで家具の処分にお困り方がいらっしゃいましたらエコステップまでお気軽にご連絡ください!