誰もが考える実家の 不用品回収処分。あなたは「実家の断捨離」できていますか?

「そろそろ実家の片付けを考えないとな…」という声をよく聞きます。しかし、長年、親が住んでいる実家はモノが溢れており、片付けをしようと思っても、何から始めたら良いか分からない方が以外にも多くいらっしゃいます。その理由は、実家は自分の家ではなく親の家だからです。主導権はあくまでもそこに住んでいる親にあるため、古くなって壊れているものであっても親の許可なく捨てることはできません。だからといっていつまでも処分しないまま、物で溢れ返った生活を親にさせるわけにもいきません。では、そんな実家の片付けは、どこから手をつけるのがよいのでしょうか。

実家の断捨離はまず、自分から始めることが大切!

久しぶりに実家に帰ると、また、物が増えてたなと感じることはありませんか?

例えば、ほとんど使わない収納家具がそのまま置きっぱなし、何年も着なていない服がタンスを圧迫していたりなど。自分の実家でこんな状態の箇所があったら片付けのサイン。実家を断捨離するポイントは、まず自分のものから処分していくことです。昔自分が使っていた部屋に自分のものが残っていることは意外にあると思います。断捨離とは、捨てることで自分の心と向き合う作業とも言えます。自分と向き合い、人生をゆっくりと見つめ直す良いキッカケにもなります。片付けが終わる頃には捨てただけのスペースがぽっかり空いているはずです。このスペースは、実家の片付けを本格的に進めるための大切な場所となります。

また、自分が片付けをすることで家族が掃除を始めるという事もあります。たまに帰ってきてただ「捨てろ」というよりも断然説得力があります。捨てる時の気持ちがわかるようになるので、なんとなく自分が使ってきたモノが捨てられない親がも自然と片付けを始めるキッカケになるのではないでしょうか。

「いつか着るかも」はもう着ない服

特に、女性に多いのが「痩せたら着る」「高かったから捨てられない」服のストックです。

しかし、タンスの中で購入してから10年も20年も経過している服があることは珍しくありません。若い頃に買った洋服はデザインが古かったり、サイズが小さかったりと今の体型や年齢に似合わなくなっているはずです。必要なのは「いま」着る服です。「いつか着る」のためにスペースを空けておくのは勿体ない。

また、ブランド物であればリサイクルショップやオークションなどで売るという手段もあります。もったいなくて捨てられないなら、寄付をするという方法もあります。しかし、よく見たら色褪せや虫食いなどで傷んでいる、誰も欲しがらないほど流行遅れになっている服は、貰い手を探すのは難しいので思い切って捨ててしまうのが一番良いと思います。

それでも捨てるのを渋ったら、「これを捨てて新しい服を買ってあげよう」と何て言うとその気になるケースが多くあります。実際、服のデザインは数年で変わっていくものです。体型に合わない服を着るよりも自分好みの新しい服を着る方が気分も良いはずです。スペースができれば新しい服が手に入るというメリットを伝え、着ることの少ない洋服を処分してみてはいかがでしょうか。

趣味の物、コレクションなどこだわりや思い出があるものは最も捨てにくいものです。一度に捨てられなければ時間をおいて、定期的に見直すようにするとよいでしょう。じっくりと時間をかけることで、いる物といらない物を見極めることができます。本当に残しておきたいものだけを厳選していくことで生活も気持ちもすっきりしていきます。

片付けたい!でも自分だけでは難しい場合は

実家の片付けのポイントは、まず自分の物から処分を始め、その後、親の服や日用品、最後に家具などの処分に移っていくことです。

出来るところから、目についた所から進めていくことが重要。少しずつ、いる物といらない物を分けていくことから始めましょう。物を手放すことは、気分がスッキリするだけでなく、今までなかったスペースが確保できます。動線を確保することで動きやすくなり、転倒などの心配もなくなります。昨今、遺品整理などという言葉を耳にする方も多いと思いますが、親が元気でいるうちに一緒に片付けることが理想です。効率良く片付けが進められることはもちろん、物にまつわる素敵な思い出話が聞くことができます。

実家を断捨離したいけど自分だけでは難しい、思いのほか処分が必要な品が多くて困っているという方にはエコステップにご連絡ください。ブランド物や貴重品、家具家電等はお電話一本で出張買取!リサイクルに出すことで物を捨てるという罪悪感も薄れます。家具を処分することになっても、高齢者の世帯では家具を移動させるだけでも大変です。サイズの大きな不用品、量が多い不用品など大歓迎。時間をかけずに実家の片付けを終わらせることができます。お気軽にご連絡ください!